So-net無料ブログ作成
検索選択

カテゴリー:鈴木明子

鈴木明子 ブログトップ

鈴木明子の目は病気!?バセドウ!? [鈴木明子]

こんにちは、スポーツ芸能の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は鈴木明子の目は病気!?バセドウ!?について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は鈴木明子の目の病気疑惑について、解明していく内容です。

よく言われますのが目の特徴からバセドウの病気ではないのか、という指摘ですね。

結論から言いますと、鈴木明子はバセドウの病気ではございません。

まず先に、ここまで鈴木明子関係の話題でよく出ます、バセドウの病気とは何なのか確認してみましょう。

目の病気とも認識のあるバセドウ。その実態は一体どのようなものなのでしょうか?

目の病気とされますバセドウについては、簡単に説明するのは難しい病気で、まず目に特徴がある事からそこに注目してしまいがちですが、目だけの病気ではありません。

目の病気がバセドウという認識になっている方は、外見の特徴として目、眼球が出る事が確認されますので、そこに着目しての事でしょう。

鈴木明子の目も観てみますと、画像などのうつり方によってまちまちですが、確かにそのようなバセドウの病気の状態の目に見えない事もないですね。

しかしながら眼球が出るという症状は、目の病気とされるバセドウのたった一つの特徴でしかありません。

鈴木明子の目の病気バセドウ克服?.jpg

まず目の病気とされるバセドウですが、目に見えない体内の症状として、ものすごく脈が上がる事が有名です。

これは高血圧にも繋がり、特に鈴木明子のように激しいスポーツをする方にはすこぶる良くない事ですね。

そしてバセドウの病気は症状として、動悸も止まなくなってしまうという事です。

もし鈴木明子がバセドウであれば、常にこれだけの、まさしくスポーツをやる方には一番厳しいとされるような症状の出る病気の中、ここまで頑張ってきていた事になります。

それは結果から言いましてもあり得ないと言っていいほどの事ですから、結果論としても鈴木明子が目のバセドウの病気でない事がわかるというものですね。

また他にも、目の病気とされるバセドウは個人差がありますが、手等の震えが出たり、異常に汗をかいたりと、そういった症状もあるそうです。

そして目の病気と言われるバセドウの特徴として、むしろ目の特徴的な張り出し以上に大きいと言える身体に顕著に出る特徴に、首にあります甲状腺がはれる症状がございます。

一般的な知識としても、上記のような状態が確認される場合は、高い確率でそれはバセドウの病気だと言えますので、この機にぜひ覚えておきましょう。

そして鈴木明子を見ますと、確かに書きましたようなバセドウの病気の外見的な特徴として目、眼球が少し出ているように見えなくはないです。

しかしながら、ここまでずっと鈴木明子の目は病気で、それはバセドウなのではないかと話題になってきてはおりますが、結論は現状そうではなかったのですね。

もし本当に目のバセドウの病気であれば、恐らくもっと顕著に身体の特徴だけでもわかった事でしょうし、目のバセドウの病気を自ら公開しても問題ないはずです。

むしろ本当に目の病気バセドウであれば、それを公開する事で、このような状態でもここまでやれるのだと、そうした活動もできたはずですからね。
[スポンサーリンク]


もちろん万が一本当に鈴木明子が目の病気バセドウである可能性も完全に否定はできないかもしれません。

しかし、判断材料が少な過ぎる点からも、目がバセドウなどと結論付けるのはやはり難しいですね。

恐らくは、やや眼球が出ているように見えますお顔から、噂は噂を読んで話題だけが大きくなっただけのケースでしょう。

ちなみに有名人の中で、最も有名でかつ目の病気バセドウ疑惑の大きい方に、サッカーの本田選手がおります。

彼の場合は、甲状腺も眼球も特徴が出ているのですね。

そしてここで一つ着目したい点が、後から発症しているという点です。

ここがけっこう重要で、鈴木明子の場合は、ずっと知っている方も多いですが、元々このようなお顔だったように思います。

本田選手などと比べますと、明らかに目の病気バセドウではない可能性が高いのは見ての通りですね。

いくらあやしく思いましても、早とちりは良くないですね。

この鈴木明子の目やバセドウの病気などに関する話題は整形されているかどうかなどの話題にも似ていて、外見から様々な噂が出て、噂だけが大きくなったものである可能性が高いと思っております。

まあ本人か、その関係者の方などが明確に鈴木明子は目の病気バセドウではないとか、このような話題は止めていただきたいなどの発言でもしない限り議論は続くでしょうが。

何にしましても、結論としては今のところは鈴木明子は目の病気バセドウでも何でもないと思っていいでしょうね。

さて、しかしながらここで鈴木明子に関して安心する事はできません。

彼女と病気の関係を振り返りますと、実は他にも彼女には大きな問題があったのです。

その鈴木明子の抱える大きな病気関係の問題と言えば、拒食症、摂食障害です。

鈴木明子と病気と言いますと、こちらはご本人も告白しておりまして、本当の病になります。

これは本当に危なかったようです。

鈴木明子の目の病気はバセドウで克服?.jpg

今でも摂食障害の結果痩せてしまった時の画像が残っており、それを見ますと一目瞭然で異常事態だとわかります。

鈴木明子は、何にしましてもこのようになってしまうほど、精神的に参りやすいタイプなのですね。

明るいタイプではあるのですが心は繊細で優しく、ダメージも負いやすいのでしょう。

ちなみにこの摂食障害の際、一番の要因は母だったらしいのですが。

鈴木明子の母は料理店の女将であり、相当できるすごい方のようで、自分以外にも厳しいようなタイプで、自らができる事は誰でもできる事だと考えるような気の強い方。

それで、鈴木明子が摂食障害の際にも、それを改善できない事の理解があまりなかったようなのですね。

今では仲も克服された関係のようですが、母がこのような方である事が要因で悪化するとは、なかなか珍しいケースだと思います。

鈴木明子の母はあまりにハードルの高い考え方を持っていたようです。

鈴木明子の母は摂食障害で食べられていない状態の鈴木明子に、要するに、励ますどころか食べる事もできないのかというような感覚を、その態度で植え付けてしまったのですね。

それがさらなるストレスになり、彼女はさらに食べられなくなりました。

確かに娘にとっては母の存在は大きいでしょうから。いくつになっても強い影響を受けてしまうものなのはわかります。

鈴木明子の症状が回復に向かったのは、徐々に母が食べられなくてもいい、といった事を言うようになり、その安心感から克服に繋がったためでした。

このエピソードは本当に良かったと思います。単に母が悪いというだけではなく、他の事でいっぱいいっぱいだったなど、一概に判断できないような事情があったようにも感じられます。

結果このように和解されているわけですし。

しかしながら、この摂食障害の克服までについた傷跡は、今でも彼女の体に残っております。

特にわかりやすいのが歯ですね。

鈴木明子の歯がなくなっているのは、拒食症の与える影響のケースとしてよくある事です。

摂食障害自体の影響もありますが、広く言いますとこれも精神病の一種ですので、精神の事で通院するほどだった彼女。

結果から言いますと一年半ほどで克服して復活したとされますが、それまで相当の苦労をされたのは事実のようです。
[スポンサーリンク]


さて、このように鈴木明子の目のバセドウなどの噂も、結果摂食障害などの実際の病から派生した話題だったり、

摂食障害のために目元もくぼむなどしてしまったのでそのように誤解された話題だった可能性なども指摘できる事が言えそうですよね。

彼女の場合、何にしましても、何よりの問題はこの摂食障害だったのです。

しかしながら思いますに、母が要因で摂食障害になった、それも克服されたとは言いますが、もっと根本的には、

人に見られるスケートをしているという立場から、なるべく痩せなければならない、というような脅迫観念があったために食べないようになってしまった、といった見解も言えるのではないでしょうか。

そもそも、母が食べられない事に理解が無かったという話題も、普通に考えますと食べる方が楽ですから、なぜ?と思われたのもわかる気がします。

要するに彼女は、人よりも精神的に弱いのです。

しかし、だからこそ、ここまでの輝かしい記録を作るまでに成長できたのは、余計にすばらしい事ですね。

この目のバセドウなどの話題から入ったとしましてもはっきりとしました克服劇、鈴木明子を語るにはもちろん当然大きな話題ですが、

個人的には別に鈴木明子のファンでも何でもない方にでも、知っておいて損はない大きなお話だと思います。

鈴木明子はバンクーバーでもソチでも安定の入賞である八位、13年の全日本で一位も取っている、紛れもなく世界レベルのスケーターです。

しかしこの栄光には、ちょうどこの拒食症の克服が大きな鍵を握っていたのですね。

鈴木明子の拒食症は13年の頃です。その症状がただの少し痩せた程度のものでない事は、記録にも残っております、四十八キロから三十二キロまで体重が減った事からも明らかです。

このマイナスからの克服劇、これは本当に壮絶な苦労の末の事でしょうし、それゆえに彼女は真の意味で強くなれたのではないかと思います。

この心の不安定さなども含めた病を克服した事は、表現力として演技にも繋がったはずです。

壮絶な経験をしたからこそ、人並み外れた力が出せるという芸術関係の才能を発揮する方も多いですから、そのケースのようにも思えます。

そして、克服するスピードの早さからもわかりますように、彼女は周りの影響は受けやすいですが、そこからきっかけさえあれば克服も早い、実は芯の強いタイプとも言えます。

鈴木明子目の病気はバセドウで克服?.jpg

このようなせっかくいい才能を持っておられた方ですので、回復は本当に嬉しいですね。

そしてこの件は彼女のバセドウや目の話題などに収まらず、我々の私生活にも重ねられる話題だと思います。

我々も彼女と同じように悩む事、ありますよね。彼女と同じく親の影響が関係していたというお話も何だかリアルです。

確かに親によって影響を受けだめになり、しかし結局は親の影響で復活してより強くなる、といった場合は意外と多いですね。

親関係で何かに悩み、それを改善され、親とも仲良くしているといった経験はみなさんも何かしらの所であるのではないでしょうか。

本当に良かったのは、通常摂食障害などは治すのに非常に長い期間がかかる事もあるもので、長引くほどに改善が難しくなる点です。

大変な苦労を乗り越えて次の結果を残した彼女、我々もそこから学べる事がたくさんありますね。

さて、では最後に鈴木明子の真の病からの回復がわかりました所で、またもともとの話題、バセドウや目の事に関する話題に戻りましょう。

まとめますと、目の病気バセドウ疑惑については、まずそもそもの外見からの誤解がございました。

これは失礼な事でもあるかもしれませんし、誤解が大きくなり過ぎておりますから、そもそも噂とははっきりしないものに過ぎないのだと、教訓にはすべきでしょう。

そして、鈴木明子は目のバセドウの噂の広がり方からもわかりますように、いかにも病気しそうなタイプ、といった固定観念や、

実際の摂食障害からのイメージも意味なく取り入れられていた可能性もありましたね。

噂はあくまで噂です。

そのような見識も広めつつ、

せっかく目やバセドウの病気の噂から鈴木明子のエピソードとしてこのような素晴らしい事がわかったわけですので、ぜひとも覚えておき、我々の生きる活力としても生かしたいものですね。

さて、本日は鈴木明子の目は病気!?バセドウ!?について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングをも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]




共通テーマ:芸能
鈴木明子 ブログトップ