So-net無料ブログ作成
検索選択

カテゴリー:羽生結弦

羽生結弦 ブログトップ
前の1件 | -

羽生結弦の英語インタビュー! [羽生結弦]

こんにちは、彼氏、彼女にしたい有名人の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は羽生結弦の英語インタビュー!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は羽生結弦の英語インタビューを軸に、彼の英語との関わりを見ていきたいと思います。ソチや世界選手権など、めざましく向上する羽生結弦のインタビューからもわかる英語。これにはどういった経緯や秘密があったのでしょうか。まず、元々羽生結弦はこの前までインタビューからもわかる英語ですが、言える状態ではありませんでした。ずっと日本でやってきていましたし、普通に勉強していてもインタビューのような英語を勝手に話せるようになる日本人などおりません。元々余程の素質があるか、ほとんどの方は学校などとは別にきちんとインタビューのような英語が話せるようなトレーニングをしなければまず無理です。羽生結弦はフィギュアスケートに忙しく、時間がないのもありました。しかし、カナダへ行くなど、今後の世界的な展開を考えれば、インタビューのような英語はかなり大事です。

羽生結弦の英語インタビュー.jpg

世界的に注目されていて、日本人以外の方との関わりも多くなる以上、それでいつまでも世界の共通語とも言える英語ができないのも良くないですね。そこで、羽生結弦はインタビューのような英語を習得する事を努力しました。ちなみに今となっては羽生結弦の外語能力はかなりのレベルです。しかし、ここまで来るのに一年以上とかかっています。まずその流れは、カナダに行ったのが大きかったです。そこで、まずコーチのオーサーからは、羽生結弦はイエスとだけ言うと言われ、母からは外語能力も、スケートと一緒に覚えていくようにと、羽生結弦には、自分でもわかっていましたがインタビューのような英語がかなり問われました。
[スポンサーリンク]


確かに、コーチからすれば、話の通じない方とはやりにくいでしょうし、フィギュアスケートは特に普通のスポーツよりも、随所で細かい所をやり取りして作っていかなければならないので、インタビューのような英語がなければ厳しいです。彼は当初、外語能力が身に付く前は、街に出るのも気が引けるような、やはり外国に圧倒されている状態でした。しかし、その打開に繋がったのが母で、上にも書きましたが、やはり羽生結弦の母は素晴らしい心を持っておりまして、また外語能力のために頑張ろうと彼の背中を押したわけです。実際、二人だけであえて外出し、少しずつインタビューのようなレベルを習得していったようです。彼は今回の外語能力の件に限らず、世界トップを取るだけあって、かなり極める事に余念がありません。

羽生結弦英語インタビュー.jpg

たまたまフィギュアスケートだったというだけで、学習能力などは何であれ高いので、できるのです。元々フィギュアスケートのためにスケジュールを決め、それに合わせてしっかり取り組む事のできる彼なので、今回のインタビューのような英語のための努力なども、フィギュアスケートをしながらも徐々にしていった事と思います。実際に何の通訳も無しに外人とインタビューのような英語でコミュニケーションを取るのは、普通の日本人からすればものすごくハイレベルな事です。貴重な人材ですし。逆にグローバルな企業など、また、外国人と接するお仕事などであれば、即採用されるような重要さです。コーチのオーサーは、二人がわかり合うのに一年使ったとしており、やはり徐々にトレーニングをしながらインタビューのような英語を学んでいった事がわかりますね。そしてその翌年にはやり取りできるようになったとしていて、実際にこのように言われるという事は間違いないですね。

羽生結弦と英語とインタビュー.jpg

彼の外語能力がいかにいいものかは、数々の動画などもあるのでチェックしてみてください。その彼の言葉は、聞こうとすれば何を言っているのかわかります。比較的シンプルに確実に答えていますが、何よりこの、アドリブで、リアルタイムで聞き取って言い返す事は、実際にはものすごく大変な事です。よくここまで来られたと、相変わらず感心してしまいますね。ここまですらすら聞けて言えるようになったという事は、もはや彼に世界に出る事への問題は何もありません。今までは、世界の舞台にはいましたが、上手く言葉が話せない状態であそこまで行っていたのです。これからはさらに円滑に伸びていく事でしょう。すでに金メダルなど、その成果も出てきています。これからもし、選手としての活躍、その後の活躍などを考えても、やはり今のうちにここまでインタビューのような外語を磨いたのは大正解だと思います。

このように有名な方が海外の言語に取り組めば、日本としてもみんなが勇気づけられ、言語事情に関わってもきますしね。羽生結弦が覚えたから、自分も、という感覚にもなります。絶対にこれから先聞ける事、話せる事が必要にもなるとされ、教育方針も変わっていくとも言われておりますが、日本は何でも揃っていて、まだインタビューのような外語が必ず必要だという危機感もありません。もしかしたら今が時代のちょうど真ん中の、言語事情の変わる転換期なのかもしれませんね。いずれにしても、彼をこれからも応援していきましょう。

さて、本日は羽生結弦の英語インタビュー!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングをも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能
前の1件 | - 羽生結弦 ブログトップ