So-net無料ブログ作成

カテゴリー:福士蒼汰

福士蒼汰の英語の発音英会話 [福士蒼汰]

こんにちは、彼氏、彼女にしたい有名人の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は福士蒼汰の英語の発音英会話について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

さて巷で噂の福士蒼汰さん。正直僕も好きなのですが、この人は所謂完璧超人なのではと思ってしまいます。福士蒼汰さんは言わずもがなかなりイケメンなわけですが、俳優業をしているということはイケメンなのは言うまでもないですよね。僕個人的に偉そうな発言は言えないのですがこのようにイケメンな人物を計るバロメータとしていつも考えているのは、果たしていかに見た目だけではないのか?というものです。まあ当然と言えばそれも当然ですが。でも大事ですよね。現実の身近な人でも同じではないですか?

ただ顔だけの人って、男性も女性も結局は逆にがっかりしませんか?ひがみではなくて。まあとにかく、そういった視点で見ても彼は人柄もよく、何でもこなせますからね。特に驚くべきなのは、学力の高さです。最近は学歴のある芸能人が増えましたが、ちょっとやはり芸能人なのですからあまり勉強はしていないのでは、と思ってしまう時ってありますよね。彼に関してはそれもあっさり裏切られました。福士蒼汰はかなりの勉強家なのです。そしてそれが最も顕著に表れているのが、彼の英語力なのですね。

福士蒼汰の英会話.jpg

これも有名な話ですが、彼が海外にて英語でスピーチしたことが話題になりました。彼の英語の発音の恐ろしくいいこと。一体この英語力は何なのか?特別な英会話などをしていたのか?それともけっこうよくありますが、帰国子女だとか、海外にしばらく住んでいたとかそういった英語、英会話、発音に触れる過去があるのか?この時福士蒼汰の知られざる一面に皆驚愕したものです。福士蒼汰自身、人柄的に絶対に自分の能力の自慢などもしないので、こんなに英語力があって英会話、発音できるだなんて誰もわからなかったのも無理ありませんし、驚いたのも無理ありません。

基本的に日本人って英語ベタで、発音能力などこと英会話に関しては世界最弱と言っていいですからね。そもそも教育方針が日本だとペーパーテストでいかに点数を取れるかそればかりなので、本来の英語の役割が英会話で発音して使うものだということすら忘れてひたすら意味もない英語文法の理論などを日本語に置き換えた教科書を読ませますからね。本当に意味ないですね。でもこの彼。彼の登場で僕も半ば学校の英語とは全然役に立たないものだという考え方が崩れはじめてきています。

実は彼は、帰国子女でも海外に住んでいたこともなく、それに英会話教室や特別な発音技術のためのトレーニングがあったわけでもなく、ただの高校時代からの英語の勉強で英会話や発音を言えるようになったというのです。それがあのペラペラの英会話をですか?あの発音をですか?明らかにすごすぎてびっくりしたあの英会話、発音、英語力が、まさか何でもない日常の独学で身に付いたものだったとは。それ以上の驚きで一日ぞくぞくしました。何という人物なのでしょう。福士蒼汰さん。自分の過去の高校時代の英語の勉強をおろそかにしていたこと全てを反省しました。
[スポンサーリンク]


まさか言えるようになるのですね。一切何も特別な英会話や発音を教室などに通ったりして学ばなくても。いや、さすがにここまで英語の英会話がすごいと神がかりすぎて、何か裏がある気がしてきません?それを追求してみると、別に誰でもできる特別なことではなく、彼が心がけていたことや生活習慣にその英会話、発音の優秀さの謎を解き明かすヒントが眠っていたのです。それをご紹介します。まずは一つ目。これが何より大事なことで、しかしなかなか実際にはみんなできていないことです。それは、英語、英会話、発音というものを好きになること。

彼の場合、中学の英語の先生に褒められたことでそこからぐんぐん英会話が伸びたそうです。福士蒼汰さんは褒められて伸びるタイプなのですね。まあ、叱られて伸びる人って反骨精神なのであまりいないとは思うのですが。いずれにせよ英語力、しかも発音が上手いと何だかすごいなと思いますよね。どうしても日本語ってカクカクしていてなめらかな発音ではないので、英語のようにさらっとした発音を言うのが苦手なのですよね。実際に僕も日本風英語の英会話の発音の域を出ることは一切できず、ほぼみんなそのようです。

まあ言語ですからね、このそもそも英会話をするもの自体に緊張しているようでは、発音はおろか、まさか英語力になるわけがありませんよね。福士蒼汰は英語が好き。そして、素直な気持ちでそれに打ち込むことです。人間ですからね、けっこう邪道なことも考えますからね。僕などもやってはみても、ちゃんとやり続ければ芽が出るのでしょうが投げ出すのも早いという根性無しぶりです。まあ俳優をしている福士蒼汰ですから当然の特性と言えばそうですが、その言葉を覚えるのに本当に何度も何度もチャレンジする意思があるのですよね。

福士蒼汰の英語の発音.jpg

それは簡単なようで難しくて、いくらだめでもしっかり続けるこの素直な向上心が福士蒼汰を支えているのです。そんな精神論がまず土台にあり、そしてその上に今度は具体的に福士蒼汰が行った学習法があります。それも、この精神の上にあるのは、だいたい検討がつくでしょうが全然特別なものではありません。ただひたすらその英語を口に出して読んだのだそうです。よく言いますね、学校でもきちんと声に出さないと怒られ、もっと声を出してと言われましたよね。そこは学校が完全に正しいです。

人間、ものを暗記するのに目で追うだけでは少し足りません。それでもできる人もいますが、そういう人でさえ、さらに口に出して言うことがとても大切なのです。その点僕も英語に関しては怠けてしまったのですが、他の暗記科目などではそうしていました。やはり目で黙読するだけでは忘れるのですよね。ただでさえ英語は英会話、発音、言語なので声に出さなければ何にもならない媒体です。これをだまってこなそうなど無理に決まっています。そう考えれば学校教育もきちんと先生の言うことを守ってついていっていたらもっとできたのかもしれません。

先ほど素直でいることが大事と書きましたが、本当にこれだけは言えるのですが、素直でない人は絶対に何も習得できませんからね。僕が言うのも難ですが。福士蒼汰はまさにそれの塊、言ってしまえばそれだけでここまで来たのです。彼の英会話や発音の勉強法というのは、とにかくその英語をシャドーイングすることでしたから。それでここまで言えるのですよ。こんな、外国人からしても上手い英語力。素晴らしくないですか。それが一切特別な英会話をするなど、発音の矯正もなく、ただナチュラルに英語が好きで素直に先生の言う通りに勉強するのを続けるだけで身についている福士蒼汰。

今回は福士蒼汰の英語力、英会話の秘密や発音がなぜいいのかを中心に話題にしましたが、こういうところからして福士蒼汰って魅力的なのですよね。ただのイケメンどころか先にも書きましたが完璧超人です。でもその秘訣はこういった日々の素直な頑張りです。いかにも福士蒼汰さんはその初心を忘れなさそうな人のいい雰囲気をされていますよね。英語に関しては僕たちでしたら手遅れかもしれませんが、今後もずっと福士蒼汰を応援していく中で、この福士蒼汰の生き方や英会話や発音のすごさはお手本になりますよね。英語だって、別に素人で何もなくても努力で改善していけるのです。そんなことまで教えてくれる福士蒼汰。これからもずっと応援し続けていきたいと思います。

さて、本日は福士蒼汰の英語の発音英会話について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングをも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。