So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ過去ログページ

 羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ 

過去ログページ

宇野昌磨の身長は病気!?小さい!? [宇野昌磨]

こんにちは、宇野昌磨、羽生結弦など様々なスポーツ選手について追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は宇野昌磨の身長は病気!?小さい!?について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は宇野昌磨の病気とも疑いのある小さい身長についてです。

世間的には、伸びるのかわからない病気のような小さい身長とされている、宇野昌磨の身長。確かに、今までのどの知名度あった選手よりも、病気と疑ってしまうほどの小さい身長のようには思いますが、あまり小さい身長、小さい身長と言うのも失礼な気もします。
それでもそれが世間と言うもので、確かに、どうしてもコンビのようになってきている羽生結弦とも宇野昌磨は比べてしまいますからね。そうなりますと、どうしても宇野昌磨の方が明らかに小さい身長ですし、羽生結弦はすらりとしていて、言っては難ですが、演技の前にプロポーションの時点で差が出ていると思われてしまうのも無理がありません。

やはり単なる運動ではなく、フィギュアスケートは総合的なパフォーマンスであり、見せるスポーツとして、舞台と同じように見栄えはかなり大事になってきます。それで毎回どのような選手もなるべく自分を美しく見せようと、様々な衣装に身を包んだり、指先まで丁寧な演技になるように研究したりしてくるわけです。羽生結弦に関しては、例えば細かい表現を見ていきますと高橋大輔の方が繊細だったと言われる事もあるものの、何よりもあのスタイルの良さによって、すでに得点には関係ないものの、見栄えの良さがかなりの高印象を与えているのは感じます。

するとその反面、今回の話題でもあります、病気とも疑ってしまうほどの小さい身長とまで言われている宇野昌磨は、やはりパッと見た時の美しさは劣ってしまうかもしれませんね。とは言え、病気のように小さい身長とされます宇野昌磨は、顔はイケメンであり、ここまで結果を残して徐々に羽生結弦にも迫っている実力は本当に素晴らしいものがありますね。宇野昌磨が病気のように小さい身長として羽生結弦ほどのプロポーションはないのだとすれば、余計に素晴らしい快挙だと思います。

宇野昌磨の身長は病気.jpg

さて、病気のように小さいと言われているこの宇野昌磨の小さい身長。やはり今回の話題のように世間的に良く言われますのは、単に病気なのかと小さい身長が気になる、という事もあるでしょうが、この先一流の選手の一人になるであろう所まで来ている宇野昌磨の、今後のスケート人生にどのような影響を与えるか、悪い事はないかと心配になるためでしょう。まずはこの、病気とも言われてしまう宇野昌磨の小さい身長に関して、フィギュアスケート界で活躍する事ができるのか、という疑問に関しての誤解を解きましょう。

まあ確かに、先ほども書きましたように、単に人気な選手になれるかどうかを考えれば、すらっと背が高く、美しいスタイルの、羽生結弦のような人物の方が宇野昌磨よりもうけるのは言えかもしれません。実際に、日本人は平均的に小柄ですが、海外の身長が大きくすらっとした選手を見てしまいますと、すでにそこにいるだけで得点を与えたくなるほどにカッコよく感じてしまうのは否定できません。

ただし、やはりフィギュアスケートはあくまでスポーツ、ショーでない方であれば、とにかく新しい記録を作るためにあります。その点では、宇野昌磨のように、病気のように小さい身長などという部分は、採点の要素には全く関係ありません。完全に実力だけが物を言う世界の舞台において、いくら宇野昌磨などが病気のような小さい身長だからと言って、それは一つの事実に過ぎないのです。特にそれが世界の大会などともなれば、様々な価値観が交錯する中、余計に多少仮に病気でも、小さい身長でも、たいしてその方のハンディキャップにはなりません。

それにかつて、宇野昌磨のように病気のように小さいとも言えます身長の選手で、有名になった素晴らしい方もおられました。別に宇野昌磨だけがこのような病気のように小さい身長の立場、という事でもありません。世界は広いのです。

むしろ宇野昌磨ご本人も分かっている事かもしれませんが、この病気のようとも言えます小さい身長は、大きな武器にもなります。フィギュアスケートは特にジャンプでの得点が勝つために重要になってきますね。逆にこれが無ければ、どの選手も素晴らしいので優劣が付けにくくなると言えるほどで、ジャンプの転倒をいかにしないか、というのはそればかり気にしてはいけないという気もしますが、宇野昌磨らにとっては非常に重要な事なのです。

実際に演技を観ていても、一度もジャンプでのミスがなければ、病気のように小さい身長とされます宇野昌磨も明らかにやったぞという雰囲気になりますし、得点もやはりいずれにしても高くなってきます。昨今の男子フィギュアスケート界では四回転はすごい事でも何でもなく、それでいて得点が大きいので、若い選手等が次々と飛んで、それだけで勝ってしまう、などという懸念も聞きますが、よくよく考えれば四回転は確かにすごい事ですし、ジャンプでの差がなければ、それはそれで決着がつかなくなるのでしかたがないという所でしょうね。

宇野昌磨の身長は小さい.jpg

さて、そこで病気とも言えるほどの小さい身長の宇野昌磨です。例えばよく飛ぶ体操選手や、持久力の試されるマラソン選手などは、比較的小さい身長の方が多いですよね。このような条件の中では、逆に大きい選手は不利になるためです。病気のようとまでいかなくとも、宇野昌磨のように小さい身長の方は、小回りが利き、身体が軽いというのは非常に運動する上でメリットになる事もあるのです。そしてそれは、フィギュアスケートを考えますと、病気のように小さい身長と言われます宇野昌磨にはけっこうなアドバンテージになるように思えるわけですね。

確かに繰り返しますように、宇野昌磨は外見としては、現によく言われておりますように、病気のように小さい身長などと言われてしまいます。ただし、スポーツとして記録を残せるかと言えば、病気のように小さい背丈と言われます宇野昌磨は絶好の利点を持っている良選手と言えるのですね。

それに、これだけ背が低いとされます彼ですが、演技を見ますと確かな素晴らしいものがありますね。こう言っては難ですが、他の海外の選手などであれば、いくら得点はすごくても、細かい演技の部分が雑なように感じられる方もおられます。以上のような事を総合的に考えますと、彼がいかに優れた選手なのかがお分かりいただけるかと思います。

外見が小さい身長である事が宇野昌磨の弱点と書いてきましたが、それすらも逆に考えれば、可愛らしくもカッコいいギャップも作れ、魅力のアドバンテージになるとも言えますしね。

さて、ではここからは具体的に宇野昌磨の病気のように小さいとされます身長に関して見ていきましょう。宇野昌磨は病気のように小さい身長と言われますが、小さい時にはもっと身長の成長がない状態でした。大きな病気とまでは行かずとも、世の中、小さい身長の方は大きくならない傾向の身体、という意味では軽い病気のような方はたくさんおられます。

ホルモン注射などで、背を伸ばす事を強制する事も有名なくらいですので、案外メジャーな事柄なのだと分かります。宇野昌磨の場合は、高校以降にいきなりものすごく成長したそうです。具体的に言えば、彼は中学までは百四十センチメートル台の背丈だったのですが、これが急成長によって今や百五十九センチと、百六十センチにも届きそうな所にまで来ました。

それに、年齢的に見ても彼はまだ成長する余地もありますね。まあこの背丈であれば別に、病気とされます宇野昌磨は一般的にも小柄ではありますが許容範囲ですよね。何にしても、彼にその高校時代以降の急成長があって本当に良かったように思います。
[スポンサーリンク]


宇野昌磨はこの通り次の世代を担う選手の一人ですが、スケーターとしては羽生結弦ではなく高橋大輔のスタイルに似ていて、意識的に目標にしてきていたようです。高橋大輔も病気とまではいきませんが、中では背の低い選手でしたので、ものすごくいい目標になってきているのです。

ちなみに高橋大輔の身長は、公式では百六十五センチメートルとなっております。しかしながら、背が低い方なのだと言われないと、演技している時なども全く気になりませんよね。むしろ大きく見えるほどです。病気とされます宇野昌磨と比べても、そう大差ないように思いますね。

高橋大輔はこの小さい身長でいて、世界的にものすごく表現力があると評価されていた素晴らしくレベルの高い選手でした。病気とされます宇野昌磨も、病気のような背の低さとはされますが、やはりその繊細な整った表現力はかなりのレベルです。今までジュニア選手権やグランプリで優勝を飾ってきている天才的なトップ選手である事がよく分かります。

本当に若い頃から注目されていた彼は、特に昔、もっと病気のように背が低い状態でした。現在の彼の背が百五十九センチメートルだとすれば、考えてみればそこまで病気とまでは言わなくてもいいような気もしますが、もしかしたらその昔の、より今よりも小さい身長として心配されてきていた時の、話題としての名残もあるのかもしれませんね。

ちなみに、今のところ結論としましては、彼は別に病気ではないようです。最も、この急成長の陰に何かあった可能性なども否定はできませんが、結果このようになっているわけですし、あまり過去をほじくり返すのも良くありません。

恐らくはこういった、やや背の低い血が流れているというくらいのものなのでしょう。実際に、お父様もそこまで大きな方ではないようです。

宇野昌磨の身長小さい.jpg

いつまでもこのように言われてしまうのには、かなり有名になってきているので、周囲からの僻みのような感情も多少ならずともあるのも言えます。どのような素晴らしい有名人でも、必ず一定数のアンチがいて、叩こうとするではないですか。むしろそれ以外の要素があまりにいいので、いつまでも同じ所を叩くのは、そういったいい意味があるとも言えるわけですね。

必ず成功者は悪くも言われます。彼の場合もその一環だと思えば気にする事はないと思います。ご本人はもちろんですが、ファンの方でも、あまりに病気のように小さい身長と言われているなと心配になった方がおられましたら、そういった事なのであまり気になさらない事です。

彼は、まだいろいろな意味で成長期です。これからだんだんと大人の世界に向けて完成していく状態ですので、余計な事は言わずに成長を見守るべきです。書いてきましたが、現時点でもかえって背のあまり高くない事を上手く活かした活動もできているように思います。病気のようは言い過ぎですが、可愛らしい外見だと油断させておき、しかし演技をすると神業という、かえってギャップの力を生かして何とも言えない大人の色気をも出せる、このようなインパクトは彼だけのものです。

それに、宇野昌磨や高橋大輔など、そこまで背が高くないフィギュアスケート選手は、運動の点で、大柄な方よりも小回りの利くアクロバティックな動きをするのに向いているという利点も大きいように思います。何にせよ、まだまだこれからの彼です、あまり病気のように小さい身長などと世間で言う事は気にせず、この先も様々な成長を見守っていきましょう。

さて、本日は宇野昌磨の身長は病気!?小さい!?について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に人気ブログランキングを覗いてみてください。

[スポンサーリンク]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。