So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ過去ログページ

 羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ 

過去ログページ

内田篤人の寝癖でくせ毛の髪型! [内田篤人]

こんにちは、宇野昌磨、羽生結弦など様々なスポーツ選手について追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は内田篤人の寝癖でくせ毛の髪型!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は内田篤人の寝癖、くせ毛の髪型についてです。恐らく全てのスポーツ選手で、それもイケメンとされる方の中で、内田篤人ほど寝癖、くせ毛の髪型でボサボサと話題になる方もおられないでしょう。別に寝癖、くせ毛の髪型が気にならない時もありますが、寝癖、くせ毛の髪型だからこそ、その時によって状態が違うわけですね。そして、気にならないレベルの時もありますが、あまりに寝癖、くせ毛の髪型が気になり、試合どころではないと言う声もあるほどです。では実際に内田篤人の寝癖、くせ毛の髪型について、どのような感じだったか振り返ってみます。今までも様々場面、試合中はもちろん、練習している時、移動している時、やはり明らかにヘアスタイルではなく、寝癖、くせ毛の髪型になっている時は多かったです。

内田篤人の寝癖でくせ毛の髪型.jpg

後ろが跳ねていたり、全体がぼさぼさになっていたりと。何だか本当に家庭的な印象も受けて、逆にこのような寝癖でくせ毛の髪型がうけてもいるのですが。最近幼馴染の方と結婚され、それも好印象でしたが、やはりイケメンとはいえ、飾らない魅力を内田篤人は持っていると思います。このよく話題になる寝癖、くせ毛の髪型の事も、そうしたものの象徴で、それが自然体の事である証拠ですよね。この寝癖でくせ毛の髪型によって、内田篤人は本当にピュアな方なのだというのがわかるわけです。まあ、ただ無頓着なだけなのかもしれませんが。しかし、ここまで寝癖、くせ毛の髪型が多いとなれば、もしかしたら本人も多少は気にしているなど、また、諦めてしまっているのかもしれません。
[スポンサーリンク]


こうした寝癖でくせ毛の髪型になるには、まずは根本的に寝相が悪いなど、また、寝る時に髪が変な形に折れたままにしてしまうなどが挙げられます。髪の毛の長さや生え方によっても、寝癖でくせ毛の髪型になりやすい方となりにくい方が存在します。そして、彼の場合は、そうしたヘアになりやすい条件をいろいろとクリアしているように感じます。まずは性格上、そこまできっちりとヘアスタイルを意識して寝る、行動するタイプではありませんね。こうなれば自然と多くなってきます。そして何より、彼の髪質がこの状態になる原因になっていると思われます。彼のヘアは、元からけっこうなぼさぼさです。今はストレートパーマ、縮毛をきっちりやっている感じですが、昔の画像を観ればわかります。

内田篤人の寝癖とくせ毛髪型.jpg

本当に、ふわふわぼさぼさなヘアスタイルです。これはこれでサッカー少年、青年として健康的でいいかもしれません。しかし、どうしてもこのままでは寝癖、くせ毛の髪型と言われるのを避ける事はできないでしょう。今は多少美容室で整えている形ですが、やはりその時によっては寝癖、くせ毛の髪型がひどい状態の時もありますし、美容室での処理が取れてくるタイミングもあるでしょう。サッカーという激しいスポーツをする環境も、内田篤人のヘアスタイルに大きな影響を与えていると言えるのですが。それは、まずは言うまでもないですが、ものすごく外で動き回るスポーツの特性上、ヘアスタイルを維持するのは不可能ですね。よって特に、サッカー選手は短髪の方が多いでしょう。

室内の競技や、あまり動き回らないスポーツであれば、ヘアスタイルを決めて、そのままである程度できると思います。しかし、サッカーにそうしたおしゃれは難しいです。内田篤人のような寝癖、くせ毛の髪型の多い方にはなおさらという事になります。また、内田篤人のこのヘアの状態の大きな理由として、ずっと前からサッカーをし続け、その日差しで傷んでしまったというものも大きいです。それはヘアスタイルの色合いなどを見てもわかります。ずっと日に当たり、若干色も明るく変色しているのです。これは外でやる競技の方で、ものすごく長時間日に照らされるとなる現象です。このぼさぼさは、内田篤人の努力の結晶でもあるのです。

内田篤人の寝癖でくせ毛髪型.jpg

さて、そのように、彼にとってこのヘアスタイルは、本当にあらゆる意味で彼そのものを象徴しているようですね。さすがに試合などになれば、ものすごく激しく動き回る事になるので、スプレーやワックスで固める事も多いでしょうが。何にしても、この自然体のスポーツマン、気取っていない謙虚な感じがいいのですよね。さて、いろいろと見てきて、寝癖、くせ毛の髪型だと強調しましたが、そういった要素も、全て上手く行って見事なイケメンヘアの時もあります。元々顔もいいので、その時はものすごくかっこいいですね。寝癖、くせ毛の髪型の状態でも、彼だからこそかっこよく、好印象を受けるのです。本当に奇跡の人だと思います。前に一時期話題になりましたが、ヘアの右を刈り上げ、ラインを入れた時がありました。その時も、賛否両論でしたが、内田篤人らしいと思いました。彼だからこそ、このような状態にしても何だかありのような気がします。きっと硬派な感じではなく、可愛らしい自然な印象があるからでしょう。何だかんだ言って、どのようなヘアスタイルの時でも輝いています。

さて、本日は内田篤人の寝癖でくせ毛の髪型!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングをも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能

内田篤人の怪我と復帰 [内田篤人]

こんにちは、彼氏、彼女にしたい有名人の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は内田篤人の怪我と復帰について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は内田篤人の怪我と復帰の話題です。サッカーというスポーツが激しいもので、特に脚に関わる怪我が多いというのもありますが、内田篤人は本当に怪我、そして復帰のためのドラマがいろいろある方です。内田篤人の怪我と言えば、最も気になる所は、膝の怪我かと思われます。膝は脚の稼動部分として、ももとふくらはぎと繋ぐ、最も大事な部位の一つです。一時もう駄目かと思われながらも復帰を繰り返す内田篤人ですが、もしかしたらそろそろ危ないのでしょうか。この内田篤人の膝の怪我については、すでに本人も治りませんし、向き合うしかないと諦めています。確かに、ここまで復帰を繰り返す間に、もっと安静にしていれば治るかもしれませんが、スポーツをすると同時に酷使もされ続けるので、慢性的な怪我になってしまうのですよね。

内田篤人の怪我と復帰.jpg

内田篤人の膝の負傷ですが、半月板までやられているので、そもそも元通りの膝に復帰する事はありません。13年、14年の間、そしてブラジル、この間に怪我のせいで復帰が絶望的などといろいろ言われ、それでもそのような中で日本、ファンを裏切らないために頑張って復帰したりして、やはりプレッシャーなどもあり、精神的な面でも大変だったでしょうし、復帰するたびに、少しずつ負担にはなっていたと思います。精神的にやらなければと思うあまり、もしかしたら復帰できる状態と判断できるギリギリ良くないタイミングでもう復帰して体を使ってしまって、いつまでも治らないサイクルになってしまっている面もあるかもしれません。いずれにしてもここ数年は激動でした。
[スポンサーリンク]


内田篤人という人は日本のサッカーにおいて外したくない存在です。それはかっこいいからなどという事ではなく、きちんと技術的に、一緒にプレーする人柄的に、プロの目で見ても復帰を望み、できる限り一緒に戦いたい男だからです。その怪我からの復帰の理由として、最も大きいのは、内田篤人のポジションの代わりに入れるほどの人材がいない点です。内田篤人はサイドバックという位置ですね。そもそもサッカーは観ていてわかりますが、いずれにしてもボールの位置はセンターよりもサイドに行きがちですよね。それは、センターからではプレッシャーも、逃げ道もなく、例えばサイドからですと、ギリギリでとにかく外に追い出す手も使えます。ゴールへの距離も遠くなり、じわじわ焦らず攻められます。特に戦略の計算され尽くされてきている今のサッカーは、よりサイドの重要性が上がってきました。

内田篤人の怪我復帰.jpg

ここで、怪我から復帰した内田篤人のサイドバックというポジションは、逆にいなくなればかなりの大打撃になってしまいます。ここの空白をまだ怪我のあった彼以外にも変わってくれる同レベルの方などがおられればまだ余裕があったのですが、いないので怪我から復帰した彼への、頼むという熱望がまだまだプロの間でもあるのです。まず怪我から復帰した彼は、相手の威圧感などに全く影響を受けない、心の強い選手です。けっこうそうした面で日本人も全般的に弱いので、海外勢に押されたりしてきました。しかし怪我から復帰した彼単体で見れば、そのような事もありません。そうした意味でもチームを引っ張るのに欲しい人材ですね。

サイドで器用にボールを持っていき、どんな相手でも上手くかわしていける上に、センターへのアプローチも上手いので、もはや怪我のあった彼が、得点への繋ぎ役になっていると言って過言ではないでしょう。パスの考え方もかなり優秀で、観ていればわかりますが、怪我のあった彼からのパスで変な感じになった事はありません。たまにパスが、思ったよりも混戦を招く位置になってしまう事も、戦いの中ではありますよね。しかし、彼の場合はそれもありません。とくにサッカーにおいて大事な、大きな選手に託される判断タイミングというのが、簡単に言えばここから先に攻めるか、維持するか、というものです。なぜなら、サッカーのルール上、ある程度は個人でボールをキープできますし、考える時間が取れます。

内田篤人の怪我の復帰.jpg

しかし逆に、ただ考えていても何も進みません。でも、迂闊に入っていっても、サッカーはルール上、本当に大人数でないと進められないものなので、その中で上手く連携が取れないと意味がなく、相手にすぐに逆転されます。要するに、彼はそこでチャンスを用意する事ができるわけです。こうなれば、彼がいかにみんなにとって必要な存在かわかると思います。ポジションから、精神力から、判断力から、全てに上手く合致するのです。例えば前の夏に右の膝蓋腱を悪化させ、しかし秋にはすぐに復帰など、やはり怪我の割には無理をしている内田篤人。何にしても、このように脚に慢性的な負傷を持っている事は明らかなのです。ふとした時にそれが出る事もこのようにあるわけなので。脚の負傷は特に、一か所膝、とあっても彼のように筋肉などに影響を与えるなど、その部位への負担から、他の部位へどんどん波及していくものです。内田篤人は負傷と向き合いながらの競技人生ですが、これからもずっと何とかして活躍していってほしいですね。

さて、本日は内田篤人の怪我と復帰について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングをも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能