So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ過去ログページ

 羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ 

過去ログページ

橋本愛は痛い中二病?病んでいるしキモイ? [橋本愛]

こんにちは、彼氏、彼女にしたい有名人の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は橋本愛は痛い中二病?病んでいるしキモイ?について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

では今回も前にもこれに繋がるような内容のものを書きましたが、橋本愛の話で、少し暗い話を書きます。それは、橋本愛は中二病で病んでいる、そしてキモイという噂のことです。あくまで噂とも言えますが、火のないところに煙は立たないと言います。やはりここまでたくさんキモイなどと言われるのにはわけがあったのです。ではその橋本愛が中二病で病んでいる、キモイと言われる理由とは何なのか?そもそも中二病という言葉は少しマニアックなので、事前に説明しておきます。

中二病というのは、一番そうなる時期が中学二年生の頃というところから由来している、何かカッコいいようなアニメやゲームのような世界観を意識しすぎてそれが表れてしまう状態を言います。具体的に言いますと、橋本愛が中二病で病んでいる、キモイと言われている一番の原因というのが、橋本愛の本人のブログの内容です。これは実物を機会があれば見てみれば百聞は一見にしかずですが、要するに意味不明な世迷言を並べて、自分かっこいいと思わせるかのような内容のポエムを書きなぐっている、謎の所謂中二病ブログなのです。

これでは橋本愛が中二病で病んでいると言われてしまいます。キモイとも言われてしまいます。なぜこのような内容の、要するに無駄に意味不明な難しい感じの短い詩のようなポエムを書くのか?いえ、なぜと言ってもしかたがないのですよね。これが橋本愛の趣味であり、いいと考えているスタイルなのです。まあ、実際に冷静に見ればキモイというか痛い内容のものなのですが、本人からしたら絶対にそう見えていないでしょうし、実際には他人がとやかく口出しする問題ではないのですけれどもね。橋本愛はまだ18なのですから、その学生のような感覚があるのも当然ですし。

橋本愛は中二病.jpg

橋本愛は見た目が大人っぽいので損していますよね。明らかに難しく考えられすぎていますが、実際にはまだまだ子供。まだまだ痛い中二病な妄想もするというもの。そもそも雰囲気からしてわかりますよね、そういうことを普通に考えていそうに見えます。まあ橋本愛は綺麗な人なのでこのように何をやってもバッシングされてしまうのはしかたがないとします。それにしても、やはりこの趣味がうまくバッシングしやすいものとしてハマっていると言えるのは間違いないでしょう。例えばこれでこんな病んでいる痛いポエムでなければこれについては言えないではないですか。

橋本愛は素でそういう性質があるのですが、どうしても他人にバッシングされる要因を自分で作ってしまう人なのですよね。実際この綺麗な姿をしている、売れっ子の女優というステータスの時点で世間は冷たいものなので批判もいくらでもしたい人も多いのですから。それに畳みかけるようにこの中二病の病んでいる痛いキモイブログ。これでは仮に橋本愛を守ろうにも守りにくいのも事実ではありますね。過去から栄光に栄光を重ね、売れている女優、モデルとして若い頃から突っ走ってくれば、このように独りよがりに思われがちになってもしまうのもわかりますが、結局は中二病で病んでいると言われてしまうのはしかたがないという印象。

たまにバッシングも全く的を射ていないものであることもあったりしますが、この橋本愛の中二病で病んでいる、痛いキモイというバッシングは理解できるものでした。僕は別に橋本愛のアンチではありません。むしろファンの方ですが、要するに僕はバッシングではなく、この中二病で病んでいる痛い人というのが、言われてもしかたがない人だと結論づけただけですので勘違いなさらないでください。どうしても中二病というワード自体が病んでいるということに繋がりますし、痛いし、キモイものとなってしまうので、それはいいか悪いかはともかく、バッシングはしかたがないと思います。
[スポンサーリンク]


ちなみにここまでで橋本愛が中二病で病んでいる、痛いなどと言われている根本にあるブログのことをご紹介できましたが、この橋本愛、このように病んでいると総合的に言われてしまう理由は他にもあります。もう一つの大きな要因は、橋本愛が過去ロマンポルノやピンク映画にハマっていた過去があったということが挙げられます。これは橋本愛の中二病で病んでいる説を語る上には絶対に欠かせない情報かと思います。そもそも一般大衆の、それもこんな若い人間が興じるものではないですし、一体どういうものなのかあまりよくわからないという人も多いはずです。一度簡単に説明しますと、何となくここまでで想像もできるでしょうが、要するに一般のテレビや映画で公開できないような少しアダルトな映画などのことです。

橋本愛はそれにハマっていたのです。それも10代のこんな頃。絶対にそういった劇場に行っても年配のおじさんなどしかいないと思います。よくハマりましたよ。自分以外に絶対に同年代で趣味の合う人もいなかったでしょう。まあそれは一匹狼の橋本愛、すでに自明のことですが、それだけ橋本愛はキモイか痛いか病んでいるかはともかく、変わった人間だということがわかるでしょう。これもブログの実態と同じで、普通に考えて中二病で病んでいることになりますし、痛いですしキモイですよね。これもファン、アンチなどそういったこともお構いなしに、無条件で擁護するのはそもそも難しいのです。どうしても世間的に嫌という人も多い分野ですから、キモイ、痛い、病んでいると叩かれてしまうでしょう。

それに加え、熱愛を噂された綾野剛とのこともあります。彼はまた書けば長くなってしまいますが、高確率でパニック障害を持っていることが明らかになってきています。そういった彼と仲良くなる時点で、何度も言いますがキモイ、痛い、病んでいるなどというただの悪い次元の意味ではなく、とにかく変わっていますよね。僕はそんな彼女も個性があって好きではありますが、さすがに痛い、キモイなどと言われることが信じられないと言うことはできません。かわいそうだと言っても、橋本愛自身かなりずれている人物だとしたら、そのいたわり自体もあまり実際には意味のないものである可能性も高いです。それはどういうことでしょうか?

橋本愛は中二病で病んでいる.jpg

仮に彼女が完全に世間とは価値観のずれている超次元に生きている人間だとすると、そもそも普通の人が嫌がることが嫌ではないかもしれませんし、全くこのような一般的な視点からのキモイ、痛い、病んでいるといった意見には左右されない強靭な精神を持っている可能性も高いからです。しかしながら、僕が少し心配なのは、彼女はこうして中二病で病んでいると言われながら、痛い、キモイと言われながら、去年一気にかなり太った時期がありましたよね。ということはこのキモイ、痛いといった声が彼女にも届いていて、彼女を傷つけ続けているということはないでしょうか?本当に何度も言うようですが、橋本愛の特性を中二病ではないとも病んでいるわけではないとも、痛いわけではないともキモイことはないとも言うことはこの数々の状況証拠から言うことは極めて難しいです。

逆に言ってしまったらこっちが変わっていると思われるだけになってしまうぐらい彼女が中二病でキモイ、痛いというか変わっているからです。わざわざそうまでして彼女を無理やり変なカルト的な理由をつけて擁護してもしかたがありません。ただし、このように中二病でキモイ、痛いといったバッシングがいいこととも当然言えないのです。確かに調べれば実態は、橋本愛は中二病で病んでいる、痛いしキモイことになってしまうかもしれませんが、それをあえてキモイのだ、痛いのだと吹聴するなど強調して助長することはないでしょう。いずれにせよ彼女はこういった人物です。ありのままを受け入れて前向きに応援してあげましょう。これも書きましたが彼女のかけがえのない個性です。悪いものではないです。

さて、本日は橋本愛は痛い中二病?病んでいるしキモイ?について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングをも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能

福士蒼汰の家族と高校生い立ち [福士蒼汰]

こんにちは、彼氏、彼女にしたい有名人の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は福士蒼汰の家族と高校生い立ちについて迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

では今回も話題の福士蒼汰について書いていきます。今回は福士蒼汰の家族、兄弟、高校など生い立ちを中心に書きます。福士蒼汰さんは最近最も芸能界を賑わせている超人気若手俳優です。しかしそんな福士蒼汰でもこうして陰の、生い立ち、家族やご兄弟との関係から、出身高校などを解釈すると、意外と親近感のわく内容でして、みなさんもぜひ読み応えのあること請け合いです。ではさっそく一つ一つ書いていきます。

まず福士蒼汰を知る上でかなり重要なことなのですが、福士蒼汰は異常なほど家族想いな優しい男です。以前情熱大陸でも福士蒼汰は生い立ちを思い泣いていましたが、家族のこととなるとかなり感情が入ります。よほど福士蒼汰にとって大事な家族であり、大事にされてきた家族なのでしょうか。そんな福士蒼汰の生い立ちをさっそく見ていきます。まず東京都出身の生い立ちです。福士蒼汰の細かい実家などはただでさえ東京なので余計な情報を流すわけにはいかないでしょうし、詳細は不明ということになっているようです。

そこで福士蒼汰は、これは知る前から僕も個人的に予想もしていて当たったのですが、上に5歳、そして4歳も離れたお姉さんが二人もいます。3人姉弟です。なぜ福士蒼汰の上に姉がいることを予測したかといいますと、福士蒼汰の雰囲気や人柄ですね。この人の話にとにかくついていける優しい感じ、絶対に上に兄か姉が存在しますし、そしてこの男でありながら優しい包容力のある感じは、福士蒼汰には間違いなくお姉さんが最低一人は上に存在する生い立ちがあったと固く思ったのです。やはりそうでした。

福士蒼汰の家族.jpg

あなたの身の周りにもそういう方はたくさんいると思いますが、上に姉のいる弟というのは、すごく優しくて人のために動く、女性的な感覚を持った世話好きな好青年に生い立ち上なることが多いです。ちなみに逆に自分が妹の兄という人は、やはり何にも屈しないリーダーシップの才能があることが多いのですが、まあとにかく、福士蒼汰も例外ではなく、この感じはまさに姉の弟といったところ。昔からとにかく優しかった福士蒼汰。何と福士蒼汰の生い立ちに反抗期もなかったそうです。

生い立ちに反抗期のない人ってたまにいるのですが、家族全体のまとまりが半端ではない生い立ちの家族に多いですね。そう思ったら、やはり福士蒼汰の家族もそうでした。彼自身の家族内でのポジションは、生い立ちの中とにかくかわいがられていたそうです。確かにこの可愛い見た目にこの可愛い性格ですからね。家族にとっても誇りでしょうね。生い立ちの中家の中の力を持っていたのは当然お姉さん。これも統計的な話になりますが、お姉さんが二人以上存在し、男の兄弟の人数が少ない、つまり彼の生い立ちのようなケースですと、間違いなく女性のパワーが家族の中の中心になります。

絶対に家族内の女性の意見が通り、家の中も可愛くなりますし、いろいろと買い物をする家族になることが多いです。そこまでは福士蒼汰の場合はわかりませんが、生い立ちの中では少なくとも女性的な一家だったのは間違いなく、そもそも彼がこんなにも女性的な優しさを兼ね備えているのはそういった生い立ちの中育った証拠ではありませんか。情熱大陸で泣いたのは、そんな自分にとって最も大事な家族を想ってのこと。
[スポンサーリンク]


僕などですと、ここまで親孝行な息子もいないだろうと現時点で思ってしまいますが、福士蒼汰個人としてはまだまだ迷惑をかけ続けているといった感じでした。確かに心配はこんな仕事ですからかけているとは思いますが、泣くほどそう考えるということは、相当ですね。かつてここまで家族想いで売れっ子がいたでしょうか。ちなみに今でも実家暮らし福士蒼汰。それだけでもこの家族の絆の深さを感じます。多くは絶対にここまで売れてしまうと家を出ますからね。家族がひたすら反対してくるのでうっとうしいという人も多いでしょう。

福士蒼汰の場合は全く違うようです。しかもいまだに家族での一緒の食事は欠かせないそうで、ここまで忙しい中、わざわざ多くの休暇を投げ出さないとこうして家族とは会えないはず。いえ、彼にとってはそれこそ最高の休暇の使い方なのですね。素晴らしいです。めったに家族に連絡しないもので、僕もこれでまた英語の時のように、自分も生い立ちから見直したいと思いました。生い立ちと言えば、彼は高校時代から俳優になり、レッスンを始めたので彼の出身高校の生い立ちを気になっている人は多いようです。

ちなみにこれはもう有名なのですぐに書きますが、出身は目黒高校です。都会が近いですね。常に成績は良かったのですが、中学の頃は全然積極的な人ではなかったし、昔は全然もてなかったらしく、彼はこの高校の辺りをターニングポイントに、人生を変えていったのが伺えます。今これだけ隆盛を極める彼も、そんな生い立ちでは苦労してきているのですね。少し書きましたが福士蒼汰と言えば流暢な英語能力が有名です。これもそんな生い立ちの中育まれたものですね。彼はものすごく真面目な生い立ちを過ごしてきました。

福士蒼汰の家族生い立ち.jpg

どちらかというと、先に性格の話も書きましたが、頭ですごく状況や学ぶことを考えてしまう几帳面なタイプだと思います。家族に対しての気持ちも絶対に失いませんし。そのせいもあるのか、ちょっと演技は堅苦しく上手くないと言われてしまうこともあるようです。世間の目は厳しいですね。僕だったらここまでやるのも難しいのでとにかく賞賛しかできませんが。まあ一応プロですからね、批判も受け止めなくてはならないでしょうが、もともとこういうのが苦手な人物ではあると覚えていてください。

例えば芸能人でももともと才能抜群で目立ちたがり屋で、いかにも芸能人という人も多いです。福士蒼汰の場合は全くそうではありません。昔はもう完全にただの家族想いの優しい少年でしかなかったのですから。演技の世界に来たのも、高校時代偶然スカウトされたからで、仮にそこでスカウトされていなかったら、今も普通に家族孝行な優しいただの青年として生い立ちの続きを刻んでいたことも十分考えられます。ただし努力には何者も勝れません。彼を支える家族、そして生い立ちが、彼をここまで持ち上げたのです。

高校の時がターニングポイントだったと書きましたが、やはり高校は大事だと思います。やはり小学よりも中学、中学よりも高校、大学よりも高校ですね。高校時代の青春が、一番強力なものだったのは僕個人の生い立ちでも間違いないですし、周りに聞いても高校には戻りたいと生い立ちを振り返る人は多いです。なぜそこまで高校時代というものは魅力的なのでしょうか。福士蒼汰の場合も高校時代にいろいろと人生を考えなおしたそうですが、やはり大人になる直前の一番大事な時期が高校だからでしょうね。

将来の人生は高校での道の進み方で決まります。高校で学んだことが一番未来の大人の自分に直結するのです。その点中学や大学は、その延長にしかなく、楽しいには楽しいですが、その人の生い立ちの中で高校というもののこの重さ。本当に、あの高校時代がなかったら今の自分はいないと思います。深い付き合いの友人も、大概高校の時の友達ですよね。高校の時に興味を持ったことって今でも続けるなど、興味がありませんか?高校の時の彼氏彼女って印象的ではなかったですか?高校の時に悩んだことが、今のあなたの人生の鍵になっていますよね。青春の宝庫、高校生活。思えばドラマや映画などの舞台も恋愛と言ったら設定としては高校が一番王道ですよね。高校は彼に限らず、みんなの人生の一番大きなターニングポイントなのだと思います。帰れるなら高校に帰りたいです。 

さて、本日は福士蒼汰の家族と高校生い立ちについて書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングをも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能