So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ過去ログページ

 羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ 

過去ログページ

羽生結弦怪我の捻挫の後遺症悪化! [羽生結弦]

こんにちは、彼氏、彼女にしたい有名人の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は羽生結弦怪我の捻挫の後遺症悪化!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は今を時めく話題のナンバーワン人気のスポーツ選手、羽生結弦の怪我の捻挫の後遺症の悪化について書きます。まずは羽生結弦についてですが、言うまでもない人気者で、実は有名人という括りにするとどんなタレントや俳優よりも人気があることはご存じだったでしょうか。やはり実際に羽生結弦は観た目もいいですし、スポーツのプロというのが本当のカッコよさの秘訣なのでしょうね。さすがにここまで羽生結弦が人気者になるとは初めは思いませんでした。当時高橋さんなどがまだいましたから。すごくかっこいい後輩が出てきたなとは思っていたのですが。さて、今回の話題はそんな羽生結弦の、ちょっと暗い話になってしまいますが怪我の捻挫の後遺症の悪化のことです。

最も有名なあの怪我のことに触れます。まずはこの最近の怪我事件そのものは当然ご存じですよね。少なくとも日本中この怪我で大騒ぎになりましたからね。まさかあそこで羽生結弦が怪我してしまうとはと。この前の中国での大会で怪我の事件は起こりました。中国人の、まあ羽生結弦とは仲のいい方なのですがたまたまぶつかってしまったのです。この時羽生結弦も倒れこみましたが、予想以上にダメージが大きく、顔や頭の怪我で大量に出血しました。つまりあの羽生結弦の青ざめたフラフラの感じは失血によるものだったのです。羽生結弦は一応2位で終わり今もあの怪我は無事ですが、一説によると陰謀という声も上がっています。

羽生結弦の後遺症悪化.jpg

とりあえずこの時ぶつかった中国の選手は羽生結弦の知り合いで仲がいい方です。しかし、この方の意思に関わらず、この賄賂などの横行する中国ですから、何か裏工作があった可能性はゼロではありません。一応日本は中国からもライバル視されていて、ほぼいませんが対抗勢力には過激派も存在すると聞きます。世界の羽生結弦、いかにもターゲットになりやすいではないですか。たまたま日本人ナンバーワンの王者羽生結弦だけがこのように怪我をしてしまったこの件が、果たして、ただの偶然だったのでしょうか?たまにこのように激突してしまうことはあるらしいですが、激突して怪我をするところなど、それ自体そこまで見たことがありますか?そんなホイホイ起こることなのでしょうか?

しかもこの怪我、これだけでは終わらなかったのです。羽生結弦が車いすに乗っている痛々しい姿を見た人は多いでしょう。この怪我は強度の捻挫だったのです。捻挫の部位は腹と左ももと右足関節です。これはかなりやばいのではないでしょうか?スポーツ選手、しかもフィギュアスケートの選手としては最も大事な部位を思い切り捻挫してしまったのですから。この怪我は後遺症になってしまうのでは?この捻挫の真実が明らかにされたのはこの事後の怪我の精密検査。一見顔だけの軽い怪我だと思って安心していた矢先、このもっとひどい捻挫のニュース。この前は無事NHKで次のグランプリファイナルに出られることになりましたが、結果はそこまでよくなかったですよね。
[スポンサーリンク]


まだ十代の若手選手、全く持ってこれからといったところでしたが、やはりここはこの時の捻挫の後遺症が出ていたように感じます。ちなみに治療は3週間でした。そのまま放っておけるレベルの捻挫ではありません。そして、羽生結弦の性格からして、そんなに黙って待っているような人物では決してないので、怪我でも少々無理なこともしているはずです。自分自身が怪我に負けたくないでしょうし、怪我で周りにも迷惑をかけたくないはずですので。例えば、いくら医者の意見があるとはいえ、最終的に痛いか痛くないかは本人から確認するしかありませんよね。こんな時、多少の痛みだったら、あるいは多少の痛みでなくても、羽生結弦のことなので大丈夫ですと我慢してしまって、次の激しい練習の積み重ねが始められてしまった可能性だって十分考えられるのです。

いかにもやりそうですよね。可愛いように見えて、勝つことへの完璧な執念も併せ持つ天才、羽生結弦。こんなところで何日もだまって寝てなどいられないと常に羽生結弦は入院中も思っていたはず。僕の予想では羽生結弦は数日は少なくとも早く出てきてしまっているはずです。よくスポーツ漫画などでもありますよね。捻挫などをした選手が無理に出てきて悪化してまた後遺症になるという流れ。あれはけっこう理に適っていて、現実的にそうなる選手も多いはずです。羽生結弦がそこまでそうなっていなければいいのですが。やはり怖いのは怪我することよりも、この後遺症の悪化です。後遺症というものは、一見自分でも気が付かないところにあり、どんどん悪化している危険性の高い大変なもので、自分の体の出す危険信号が察知しにくいのです。

なぜかと言いますと、普通の一回目の捻挫などですとその瞬間に怪我をしたとわかりますし、見た目にも赤く腫れ上がったりして明らかです。しかし、体の深いところに残る後遺症の悪化による再発は、突如として、意もしないタイミングでグサリと悪化がきますからね。しかもその後遺症が痛いと思うほどズキズキと感じた頃にはもうその悪化は手遅れ、最初にその原因になった怪我、捻挫の何倍もの時間休ませなければならなくなるのです。逆に普通に捻挫した時の方が断然可愛かったということもザラなのが後遺症の悪化というもの。では実際にこの捻挫の後遺症はどうなっているのでしょうか?これは、今回のNHKが物語っています。正直言うと、明らかに捻挫の後遺症は出ていますね。結果自体もあまりよくなかったですし、滑りも捻挫の後遺症のせいでそこまで円滑だったように思えませんでした。

羽生結弦の後遺症.jpg

しかし羽生結弦本人の口から、仮に左ももと右足の捻挫が激痛だとしても、まさか捻挫が痛くてだめだなどと言えるはずもありませんし、羽生結弦がそもそもそういった性格ではありません。これを真の意味で後遺症の悪化の痛みを知ることは不可能というもの。しかし、ここで最も理解しなければならない話があって、実は後遺症の悪化と言っても、実際にその捻挫部位の後遺症が痛くなって動けない、といった心配よりも、もっと明らかで恐ろしい後遺症の悪化というものがあるのです。それが、心の後遺症とその悪化です。フィギュアスケートという種目は、全てが美しく見せる演技。しかもハードなスポーツでもあります。こうなるといかにメンタルを悪化させず安定させられるかが勝利の鍵を握ると言えます。みなさんもたびたび見たことがあるでしょう。

例えば一度ジャンプを失敗するとします。すると、途端に悪化して次もうまく跳べない、悪化しまくって全然演技がだめになってしまうあの負のスパイラル。ああいった事態になるのが最も危惧すべきもので、このトラウマとも呼べますが、こうした怪我をしてしまうと、また捻挫をするのが怖い、そういった心の後遺症、その悪化がどこかのきっかけでどんどん悪化して起こっていく危険性があるのです。この心の後遺症の悪化の問題は、実際ものすごくたちの悪いもので、実際の表面上の擦り傷や捻挫などはまだ可愛いもので、見た目にも痛み的にも治るではないですか。この心の後遺症というものはそう簡単には治りません。しかも何かの拍子にすぐにこの後遺症は悪化します。もっと言えば実際の怪我の痛みがまた悪化したとしたら、それすら突き詰めればこの心の後遺症の悪化が原因であることはとても多いのです。

僕が今回の結果から感じたのはその意味での羽生結弦の後遺症の悪化でした。少し羽生結弦にしては怪我の捻挫の前よりも、後遺症として滑りに恐怖を感じているなと思ったのです。そう悪化するだけ素直な人なのでしょう。しかし大会は厳密なもの。いつまでも過去の捻挫や後遺症の悪化のことなどを悔やんでも、覚えていてもいけません。彼も同じようなことを言っていてホッとしました。これから次の大会もこんな怪我や捻挫やその後遺症の悪化のことなど気にせずに、ベストを尽くしてがんばってほしいです。

さて、本日は羽生結弦怪我の捻挫の後遺症悪化!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングをも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能

本田翼の兄弟家族と生い立ち [本田翼]

こんにちは、彼氏、彼女にしたい有名人の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は本田翼の兄弟家族と生い立ちについて迫っていきたいと思います。

本題に入る前に東方神起人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

それでは今回は今や女優としても必ず人気トップに君臨することになった超人気女優本田翼の兄弟や家族、そしてその生い立ちについて分析していきます。なぜこんなことをするのかと言いますと、その人物を知るのに最初に理解すべきことは、その人を育てた環境、つまり親兄弟などの家族と、それの中にある生い立ちを知ることが全てなのです。実際にすごい人ほど、確かに今すごいのは言うまでもなく見てわかるけれども、一体この人はどんな生い立ちをどんな兄弟家族と過ごしてここまで来たのかということが気にかかるでしょう。すごい人ほど生い立ちや家族やご兄弟の情報は大事になってきます。

本田翼に限らず、みんなそうで、家族や生い立ちや兄弟は大事ですね。今どんなにすごい人でも、それを作ったのはその人の生い立ちやその人を取り巻く兄弟や家族なのです。本田翼だってみんな初めはただの赤ん坊でした。今のような人格や生活を手に入れられたのは、懸命な生い立ちの中での家族や兄弟のサポートあってこそだと思います。逆にそれが今のその人を作るので、仮にそのサポートが一切生い立ちの中でなかった場合、その人がすごい人になるかどうかは置いておき、少なくとも今のその人には絶対にならないでしょう。高確率でそのような生い立ちではあまり優れた人生は歩めないかと思われます。

本田翼の家族.jpg

さて、今回は本田翼のお話ですのであまり話は脱線しないようにして早く書きますね。まずこの本田翼、出身は東京です。東京の三鷹のご家族です。さすがは東京人。何だか生い立ちが東京の人物ってわかりますよね。何にも属さない感じであか抜けていると言いますか。逆に田舎出身の人も何だかわかりません?けっこう都道府県もどこで生い立ちを過ごしたかによって県民性というものがありますからね。簡単に言うと、まず明らかな東北など東日本生い立ち出身であれば、静かで固いけれども芯は通っていてインドアなものが得意な人が多いです。関西など西日本生い立ち出身であれば、明るいけれども軽いなど短気なところもあり、動き回るのが得意な人が多いです。しかし、本田翼の兄弟家族のように東京人となると、そのどちらにもなりません。

東京は生い立ちや家族や兄弟にも県民性がありません。まあわかりますけどね。その人の生い立ちの生活環境はその人に多大な影響を与えますが、東京人というだけでオールラウンダーだと思ってください。何の色もないのであれば何の色にも染まれますし、頭はいいのです。まさに芸能系の活動には打ってつけの生い立ち出身地というわけです。現に本田翼は2006年に芸能活動をはじめるまでに、ものすごいスカウトを受けてきています。東京生まれの生い立ちで、容姿がいい、教養のある頭もしているのであれば、これはもう芸能以外の道はないでしょう。本田翼のように見るからに才能のある人物もおりますが、みんな夢を求めて上京するのです。そんな大勢の人間の夢の生い立ちを刻む東京ですから。かえってここは、本田翼はきちんとデビューしないと他県の芸能志望者に悪いですよね。
[スポンサーリンク]


そして生い立ちをおくる環境のことはわかったと思いますが、家族、特に兄弟関係がどうなっているのかが、意外とその人の性格を作るのにものすごく重要な作用をするのです。まず大前提として、家族の兄弟の上の方の立場の人の性格は、やはり自分よりも下の兄弟の面倒を見るなど、手本にならなければならないというプライドを持って生きるので、不器用ながらもリーダーシップがあって責任感のある人間になることが多いです。兄弟の真ん中くらいの人は上も下もいるので、何だか自由奔放な性格になります。世の中への順応力はすごく高くなりますが、やや自由すぎて努力をするなどはあまりしないタイプになることが多いです。そして兄弟で下になった人間は、上の二人から愛されるので、あまり野望などのない優しい人間になることが多いです。能力は上を二人も参考にできるので高くなりがち。

まあそのように兄弟は、構成上は傾向としてはなりまして、ただしそれに加えて性別関係もものすごく重要になってきます。上にとにかく男の兄弟がいれば、下の性格はけっこう男らしくなって、逆に女の兄弟がいれば女らしくなります。僕はどうも本田翼は兄弟の姉というよりはこの人見知りの性格などから考えて考えにくいなと思っていて、では兄弟の妹だとして上に兄がいるのか姉がいるのかと考えた時に、この本田翼の趣味がいかにも少年のような面白いものだったのでこれはもう兄のいる兄弟の妹だと半ば確信を持ち、そうしたら案の定家族の中では妹ポジションで兄がいましたね。ちなみに本田翼のその少年らしい趣味というのが、漫画ゲームに動いて遊ぶことなどです。いかにもこの感じは男兄弟の世界ですよね。

僕自身も家族に妹がいるのですが、ちょっと系統が似ていますから。いえ本田翼に似ているというか、系統ですね、そんな厚かましいことは言えません。この感覚的にわかる大きな系統が同じように感じたので、兄との生い立ちの中でこの性格になったのだなと思うのは早かったですよ。まあ当てられたから何かあるということではないですけれどもね。そのようなわけで本田翼の兄弟は兄が一人でした。ちなみにこの兄弟の情報は、具体的にはあまりないのでよくわからないのですが、あまり女性に人気のあるタイプではないそうです。しかしこの前テレビにも出ていましたが本田翼の母のように、家族なので絶対に顔はいいはずですし、あとはほんのもう少し積極的になればいいだけだと思いますね。

本田翼の生い立ち.jpg

どうしても男女の特性の違いもありますからね。正直自分が男だから言うのではなく、この本田翼の家族の性質でいうと、女の方が得ですね。逆に男が得するパターンの家族の性質というものもあるのですが、このちょっと周りへの配慮という視点以前に人見知りの感じで、でも見た目はいいといった感じからすると、女性は基本的に男性よりは周りから守られはしやすいですし、だから楽だということではなくて、逆に男視点で見ると男はビジュアルなど理論でものを判断するので、この性格の人間ですと男受けもすごくいいですからね。男受けの悪いパターンというと逆にリーダーシップありありの堂々とした女性とかですね。その辺り、あまり女性の扱いもよくないという本田翼の兄弟よりは遥かに本田翼自身の方が順応しやすいですよね。

別に本田翼が男にも受けやすいということではなく、もちろん女受けも十分です。そこはかえって女受けする女性というのは、あまりナヨナヨしていなくて男らしい趣味の人であることが多いのですが、その辺は先ほどの生い立ちの話の通りクリアしていますよね。つまり可愛くて、かつこの兄弟でいう兄の妹というポジションは、モテモテになる条件を満たす大きなポイントで、それを本田翼はうまく手に入れてしまっているわけです。ちなみに妹のいる兄というのは、統計上はあまりもてません。男でもてるパターンはひたすら男だけの一家の兄か、弟だとしたら姉の弟ですね。これは逆の理屈で相当もてます。まあそのように生い立ちの家族における兄弟関係というものも相当重要なその人物を知る手がかりになるということです。ちなみに本田翼は家族の中で生い立ちの中父がいません。家族において名付け親でもある父ということですが、これは相当痛いですね。一体生い立ちのいつからいないのか、しかし母は見たところ元気そうでしたし、本田翼にはあまり考えすぎずどんどん前に進んで行ってほしいです。本田翼のこと、少しは前よりも理解できましたか?

さて、本日は本田翼の兄弟家族と生い立ちについて書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に東方神起人気ブログランキングをも覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。