So-net無料ブログ作成
検索選択

宇野昌磨の祖父は画家!? [宇野昌磨]

こんにちは、羽生結弦と宇野昌磨などフィギュアスケートの様々なスポーツ選手を中心に追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日は宇野昌磨の祖父は画家!?について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回は宇野昌磨の祖父の事についてです。宇野昌磨と言えば羽生結弦と並んで今後のフィギュア界を担っていく一番の若者ですが、その家族のプロフィールが変わっていてみんなすごいと話題になっておりますね。今回は中でも宇野昌磨の祖父にフォーカスを当ててみます。宇野昌磨の祖父の名前は宇野藤雄、職業は日本画家です。今時そこまで聞かない画家という仕事、今でもそうですがこの祖父の時代も同じようなもので、画家として活動していくのは本当に大変な事だったと思います。しかもこの画家の祖父は、ただの画家ではなく誰もが認める一流の画家として有名です。今では年齢で言えば九十も超えていきますが、画家としては健在で活動しているとの事です。

宇野昌磨の祖父は画家.jpg

こういった点で言えば、宇野昌磨といったスポーツ選手よりも画家などインドア系の活動の方がずっと長くできるメリットはあるかもしれませんね。生まれは愛知県の犬山市羽黒で、二十二歳の若さで初めて入選すると、その後二十三回に渡って入選し続けるという天才的な実績があります。やはり画家などをするとなると少し変わった天才的センスが最初から備わっていたのでしょうか。結果的には現在では祖父から宇野昌磨にきちんとその若くして成功できるセンスは受け継がれているようです。人間、歳を重ねるごとにただの人になっていくと認識がありますが、だからこそ若いうちに何をして、この祖父や宇野昌磨のように認められる域に行けるかは非常に重要になってきますね。そしてそのためには想像もできないような、普通はしない努力をしなければなりません。

成功するのに一番大事な事は努力を続けられるかだと、そういった話はよくありますが、一番の祖父から宇野昌磨へ引き継がれたいいDNAはそこだったのかもしれません。

宇野昌磨の祖父画家.jpg

さらに画家としての祖父は、三十九歳になった時に名古屋で、さらにその後日本橋でも個展を開き、集客できるほどになっていきました。そして日本を出て世界へも行きました。フランスの有名なカンヌ展での受賞、プラハ国立美術館収蔵、イタリア国際金賞、オーストリア芸術展、ブルガリ大使館賞、ブラジルサンパウロ色紙展など多数の評価を集めております。日本での活動には収まらず世界まで巻き込むこのカリスマぶり、まさに宇野昌磨にも引き継がれていますね。世の中様々な人種がおりますが、このように世界的に活躍できるようなタイプの方は、それなりのDNAというか、何か持っている事は多いです。宇野昌磨が活躍したのはもちろん本人の努力ですが、それでもこのような偉大な祖父がいたというのは、一家揃ってその手の血を引いている裏付けと言って過言ではないでしょう。しかもこの宇野昌磨と祖父については、一見スポーツとインドアなのでまるで違うような気もしますが、表現する力が問われるという点で全く同じ芸術のカテゴリーでの成功だと言えるのです。何にしてもつまりはこの家系、芸術的なものに強い血が流れているのではないでしょうか。宇野昌磨の画家の祖父は絵を描く事に関する本を出したり、年賀状素材集や色紙などを売ったりと、経済的な活動もしており、俳画・墨絵などの絵を描く塾も東京や名古屋や京都で主催しているようです。
[スポンサーリンク]


確かにこの宇野昌磨、祖父たち一家の芸術DNAには触れたい気持ちになりますね。確かに宇野昌磨の演技はどこかそういった重みを感じます。このような形で代々芸術DNAを引き継げて画家の祖父も本当に嬉しいのではないかと思います。また、画家は画家でも日本画家というのがまたいいですよね。日本の画家の世界は本当にレベルの高い芸術性を持っていると感じており、それをこうして素晴らしい方に継承していただくのは実に喜ばしい事だと思います。この宇野昌磨の画家の祖父は、毎日のモーニングコーヒーが日課だとしており、優雅でオシャレな素晴らしい老後を過ごしているようです。

宇野昌磨祖父画家.jpg

しかも孫の宇野昌磨がかなり厚く世界でも活躍しているわけですので、本当に素晴らしい人生ですよね。ちなみに洋画家といった噂もあるようなのですが、今のところ日本画家という線が正しい情報のようです。最近でもミラノ国際展覧会において風人雷神等日本色の強い作品を展示しました。この宇野昌磨の祖父、画家として成功するには第二次世界大戦もありましたし、本当に過酷だったと思います。本当に当初はここまですごい宇野昌磨の祖父でも落選が多く、厳しい中制作する時期もあったようです。やはり人間、何事も簡単には達成できないので、挑戦あるのみなのですね。今回は結果的に宇野昌磨や祖父たちには素晴らしいDNAがあると書きましたが、これも彼らが努力しなければ形にならなかった事です。どのようなセンスがあっても結局は行動しなければならない、これが誰にでも平等にある条件です。今回の宇野昌磨の画家の祖父のエピソードを機に、我々も明日に向かって頑張る事を続けてみようではありませんか。

さて、本日は宇野昌磨の祖父は画家!?について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に人気ブログランキングを覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。