So-net無料ブログ作成
検索選択

キムヨナメイク方法! [キムヨナ]

こんにちは、彼氏、彼女にしたい有名人の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日はキムヨナメイク方法!について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はキムヨナのメイク方法をご紹介いたします。フィギュアスケートの世界では、基本的に自分自身でメイクする方法を取る方が多いのですが、それによって、よりそれぞれの選手に個性が出るのです。キムヨナと言えばメイクに関してもかなり特徴がありましたね。そもそも韓国の方は、アイドルの方などであってもきつめのアイラインの濃いメイク方法がよくありますが、別にこれはただ濃いわけでもありません。キムヨナに代表されますこのメイク方法、実はかなり理にかなうもので、我々日本人でも実戦できるいい例なのです。キムヨナのメイク方法と聞けば、同時期にライバルとして活動していた浅田真央も思い浮かびますね。彼女の場合はメイクがキムヨナと比べれば薄かったような気がしますが、それもそれでありです。その薄いメイク方法に対して、たまに濃いだけだとされるのがキムヨナ側のメイク方法ですが、確かに濃いには濃いです。しかし、その方法を知ればけっこう活かせるものですよ。

キムヨナメイク方法.jpg

では具体的にキムヨナのメイク方法ですが、これはまず、すぐに真似する事は可能なのですが、適正があります。それが、一重であり、あまり顔に濃い特徴がない事にあります。つまり、初めから目が大きく一重で彫りもはっきりと深いような方であれば、ただどぎつくなって変になるかもしれませんので、おすすめできません。キムヨナは化粧栄えする顔です。一般に、化粧栄えする顔というのは、すっぴんの時にあまり抑揚のない、あまりいい意味で特徴のない顔が多いです。よって、とりあえずはキムヨナと同じく一重である事、そしてすっぴんの時にあまり顔に特徴がないと感じる方であればかなりしっくりはまるメイク方法になります。ではさっそくそのメイク方法を簡単に書きますと、目を閉じた時のアイホールに明るいパールをしっかりつけ、次に目を開いた時のラインの中心になる高さにペンシルライナー等でチェックしておきます。そしてそのチェックした位置に沿い、もう閉じた目のラインの上に歌舞伎役者のように濃く太く、ラインをびしっと書きます。そしてその線に合わせて目の下側もラインを書いて一周させるのですが、ここでポイントになるのが、目の下のラインは平行にまっすぐになるように引く事です。
[スポンサーリンク]


これで、遠目に見た時も、形が整って見えます。さて、後は仕上げ、先ほどのびしっと書いた目の上側のラインを、ゴールドなどのアイシャドウで肌と色のグラデーションをならしていき、最後の最後にアイホールの中央あたりに明るめの色のシャドーをつけてアクセントにして、付けまつげを整えれば完成します。キムヨナほどにがっちり書かなくてもいいですが、ここまでするか、というほどに黒でラインをつくり、それが濃くなりすぎたらアイシャドウでぼかしていくといいです。まあ、キムヨナの化粧のやり方に関しては、ステージで演技をするための化粧のやり方でもあるので、なおさら濃いめなのですが。我々が日常するのはそもそも濃すぎるメイク方法になるかもしれませんね。むしろ舞台などそういった方のメイク方法としては参考になるのかもしれませんね。さて、いかがでしょうか。イメージがわきましたか?キムヨナはすっぴん画像なども有名ですが、やはりステージに立つ時はまた、全然違った美人オーラを以上のようなメイク方法で演出しており、確かにすごく映えますよね。

このメイク方法に関して最も重要なのが、一重を生かした化粧のやり方としては最も優れたもの、という事です。どうしても目をどうにかしたいと思えば、二重に変えたいとか、涙袋を上手く作りたいとか、そういった事を考えるでしょう。しかし、キムヨナは自ら、自分の顔の事をよく研究しており、それを最も生かすメイク方法を編み出してしまったのです。一重である事が前提のこのメイク方法、まさにそういったものですよね。メイク方法の一つの概念を変えたとも言える斬新な発想なのです。よって、ただ濃いなどと揶揄するのも違うと思います。確かにステージ向けのメイク方法となれば少々濃すぎるくらいがいいので、濃いものになります。ただ、キムヨナのこのメイク方法をそのままやるのではなく、上手く一重の方などに生かしてほしいと思うのです。キムヨナは化粧品のコマーシャルにも出るなど、同じような自分で化粧をしている選手たちよりも専門的な技能を兼ね備えているメイク方法を取っています。よって信頼して参考にしてもいいとも言えるのです。

キムヨナメイクの方法.jpg

また、目の形で言えば切れ長な方に合うやり方とも言えますね。基本的に韓国の方の顔い、切れ長な目の方は多いです。よって、それも意識しつつのやり方にもなっております。切れ長対策にもなるこのやり方を取るといい目の形をしている方は日本人にもおりますよね。そういった方にも参考になる、切れ長な目の生かし方でもあるのですね。どうしても、若い現役の頃からのイメージで、キムヨナを敵視しているような方が日本には多いように感じます。確かに、浅田選手との戦い、という構図でずっと何年もやってきていたので、敵であるのもその通りなのですが、そもそも韓国は日本の一番のライバル、というようなイメージもあるので、なおさらだったのでしょうね。しかし、むしろお互いにいいものは学び合いましょう。何だかんだ言って、やはりキムヨナは優れていました。パフォーマンスの点でも、肉体技的には浅田選手よりも上だったと思います。浅田真央はバレリーナで、キムヨナは体操選手のような感じでしょうか。

どうしてもフィギュアスケートの採点基準が、いかに動きを完璧にしているか、ミスをしていないか、回転の数など、そういった肉体面のものが多いので、それで点数を稼ぎ、キムヨナが勝つ事が多かったわけです。しかしながら同じ人間なのです。その結果そのものは称えられるべきものでしょう。最後の方は八百長などとされ、その真相は謎ですが、どうしても活動しにくくなってしまった彼女。これでは他の世界の選手たちにも悪いイメージが出てしまいます。それでも、今回ご紹介しましたメイク方法のように、すごく光るものを持ってもいたのです。そのいい所は、学ばせていただいていいのではないでしょうか。そういえば、フィギュアスケートの世界の選手のメイク方法は、いろいろと意見されているようです。最初に書きましたように、みんな自分で化粧する事がほとんどなのがまずあるでしょう。その素人らしい部分が味になるのか、プロに任せた方がいいという事になるのか、それは捉え方次第ですが、とにかく、もっとこうすれば良かったとか、いろいろ言われるのはあります。

キムヨナのメイクの方法.jpg

例えば浅田選手や安藤選手など、濃すぎて魔女のようになっているとか、そのように言われた事、思われた事もありますよね。まあ、舞台の役者などを思い浮かべればわかりますが、そもそも濃すぎるくらいの化粧のやり方を目指してみんなやってはいるので、少々それが過剰に見えてしまっただけ、とも言えるのですが、要するに何が言いたいのかと言えば、それぞれしっかりと化粧にもアイテンティティーがあり、みんなそれぞれ個性があって、ニュアンスがあって、いいという事です。今回はキムヨナの化粧のやり方をご紹介しましたが、それぞれ好きなようにやってみましょう。その中で結局は自分に最もいいメイク方法は自分でしかわからないわけなので、自分でメイク方法の旅をして、ゆっくりと見つけていければいいのです。参考までに書かせていただきました。

さて、本日はキムヨナメイク方法!について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に人気ブログランキングを覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。