So-net無料ブログ作成

羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ

 羽生結弦と浅田真央たちスポーツ芸能大好きブログ 
前の1件 | -

キムヨナ海外の評価!世界の評判 [キムヨナ]

こんにちは、彼氏、彼女にしたい有名人の噂を追求するカールです。

[スポンサーリンク]


本日はキムヨナ海外の評価!世界の評判について迫っていきたいと思います。

本題に入る前に人気ブログランキングをチェックしてみて下さい。

今回はキムヨナの海外の評価、世界の評判について書きます。

今となっては引退したキムヨナですが、日本の女子フィギュアスケートの時代を作った浅田真央の最強のライバルとして、ずっと話題に残ってきたキムヨナ。

今でも韓国ではもちろんの事ながら、我々の間でも噂に出るほどの人物です。

さて、今回は海外の評価、世界の評判という事ですが、まず我々日本人の評価、評判はどうでしょうか。

そう考えますと、どちらかと言いますとあまりいいイメージでない事もあると思います。

なぜ日本での評価、評判がそこまで良いものではないのでしょうか。

それにはまず、単純に海外韓国の方だと言うのが第一にあるでしょうね。

つまりこれは、逆に韓国側からしても、良くも悪くも世界で最も意識している相手国は日本ですから同じ事でしょうね。


世界として見ましても、国同士がライバルのような感じはあるようですね。

つまりはあまりいいイメージでないなどと言いますよりも、対抗して比べ過ぎるという感じでしょうか。

現実問題として考えますと、対人と言いますよりは対国で、政治的な問題を中心に揉め事が多い間柄ですから、それを単純に国民一人一人にあてがうのも良くないかもしれませんね。

例えば海外からの勉学のためとして、日本にやってきている韓国の方はどう考えましても全てが敵対的という風には見えません。

最もわざわざ海外から来ている以上、本気で世界として見てその国が嫌であれば来ませんが。

キムヨナの海外の評価と世界の評判.jpg

それに、多数決的な論調としてはネットなどでも悪く言われる事が多いかもしれませんが、中には逆にキムヨナや韓国が好きという日本の方もたくさんおられます。

まあ今回の話題は特に評価、評判の話題ですから、そのような見方をしますと余計に張り合ったような見解になりがちなのもありそうですね。

さて、まず前置きとして、我々日本での評価、評判に関してはそのような解釈になるでしょうか。

ではここから本題として、キムヨナは海外の評価、世界の評判としては、どのように解釈されているのでしょうか。

日本人としては常に、浅田真央が活躍する時にはキムヨナも一緒に戦う事が多かったので、比較して、その二人に注目して応援してきました。

これは実際に海外、世界でも同じだったようです。

確かにこのキムヨナたち二人、世界でのツートップだったわけですからね。海外にも今でも二人のファンの方もたくさんおられるようです。

記憶に残っているという点では、確実に今でもキムヨナたちは海外、世界のフィギュアスケートファンの間に根付いているでしょう。

後世まで語り継がれる実際に記録の面でも、優勝はキムヨナたち二人ともしておりますし、評価、評判として同じくらい有名な海外、世界レベルの選手だったという感覚に違いはないのです。

さて、一人ずつ見ますと、まず浅田真央が海外、世界中にファンクラブなどもあり、リプニツカヤがファンだったなどのお話もございましたが、

海外の評価、世界の評判も非常に良く、人気者なのは事実です。

ただし、上記のような評価、評判として日本人としては納得できない方もおられるかもしれませんが、キムヨナの海外の評価、世界の評判も同じように高いのです。

キムヨナの海外の評価、世界の評判が高い理由は何でしょうか。

先ほど日本においては悪く言われる事も多いと書きましたが。

これについては、やはり日本人の感覚が海外、世界と若干のギャップを持っているかもしれません。

簡単にそのキムヨナ高評価の理由を言いますと、記録の面ではキムヨナの方が浅田真央よりも総合的に高く、これだけ高い記録を維持した人物は世界のフィギュアスケート界でも少ないといったもの。

よく評価、評判の基準として、海外、世界は実力を重視します。

確かに日本でも、子供の時ならばともかく、大人になれば数字だけがものを言う、そのような感覚はわかりますが、海外はそれがより強いようです。
[スポンサーリンク]


反対に日本は、柔軟にその人の数字、つまり記録など以外にも個性や、努力を認めようとする動きも強いです。

確かに世界、海外でも同じような感情はあるのですが、このようなスポーツなどの戦いに関してはかなり厳しいのですね。

よって、このようなギャップが生まれやすいのです。

キムヨナの演技は、これは日本でも言われます事ですが、最強と言え、実際の所完璧なものがございました。

要するに、海外、世界の多くの方を唸らせるために最も重要な、点数化した記録を作るための演技としてキムヨナが世界最高だったのは間違いないのです。

そして、海外の評価、世界の評判としても聞く事がありましたが、キムヨナは成績はものすごくいいですが、観ていて退屈だとする意見もあるにはありました。

そのような見方こそ、日本人の評価、評判を出す上での多い見方なのかもしれません。

実際逆に、浅田真央のファンが、記録の面ではキムヨナに敵わないまでも、浅田真央が好きな理由として、その演技の繊細さ、美しさ、柔らかさなど、そうした得点外の事を評価、評判にしているのです。

確かに我々も、そのような視点で観て、ずっと浅田真央には感動させられ、魅力を感じてきて、反面、キムヨナにはあまりときめかなかった、という方もおられたでしょう。

もちろんあながちキムヨナが点数を取るため以外の部分が出来ていない、という事ではありません。ただ、特に浅田真央などと比較しますと、そういった見解が出るのも頷けます。

キムヨナは確かに海外の評価、世界の評判は高いですが、点数を取るために完璧な動きをしてきたのは事実でも、それがロボットのようだと、そのような雰囲気も多少はありますよね。

完璧ゆえの事ですので、すごい評価、評判ではありますが。

これは韓国ならではの国民性も出ていたように思います。

韓国の方は海外、世界でも最も勤勉だとされるほど、真面目で几帳面な方々です。

その細かい努力があるからこそ、ここまでの、かっちりと海外でも高い評価、評判を得られる彼女のような方も育てられたのです。

それはそれでもちろん素晴らしい事です。

ではそのように海外、世界で評価、評判のいいキムヨナがここまでいい成績をおさめる事ができた根拠について見ていきましょう。高い評価、評判の秘密がよりわかります。

キムヨナ海外の評価と世界の評判.jpg

まずフィギュアスケートは総じて、だんだんと競技をする方のレベルが上がってきており、日に日にものすごくハイレベルな戦いになっておりますね。

その影響で、判定体系をどんどんと難度の高い技を重視したようなものにするしかできなくなっているのです。

その結果確かに、浅田真央のような感覚的に美しいと思わせるようなものを武器にした選手がいたとしますと、損をするような状況になってきているのはあるかもしれません。

つまりはいくら感覚として良いなとか、美しく感じる選手がいても、フィギュアスケートの採点自体は極めて機械的で、

スピード感やその流れ、予定演目が完璧にできているかといった観点にフォーカスされ、結局の所職人技の大会のようなものになってきているという事ですね。

その点で評価、評判通り、キムヨナはとにかく確実な動きをしてきていたという事です。

これはあれこれ言われるかもしれませんが、実際、フィギュアスケートも一つのスポーツと思いますと、キムヨナほど正しい事をしている方もいないと言えるほどです。

キムヨナは狙った所を狙い通りにクリアできる能力があったのです。

実際、この観点ですと、仮に日本の評価、評判は悪くとも、海外、世界としてはキムヨナの評価、評判が高かったのも納得できますよね。

決定的なキムヨナと浅田真央の違い、キムヨナが勝っている要素の話題をしますと、それはスピード感、力強さ、安定感などが上げられるでしょう。

特に海外の評価、世界の評判にも関わってわかりやすいのが、やはりキムヨナのジャンプの正確さです。

総合的に判断しますと、まずキムヨナの方が安定感のある正確なジャンプをしていたと思います。

浅田真央はそもそも総合的にミスもしやすかったように思いますね。

キムヨナは速いスピードをそのままにしてジャンプして、次にそのまま繋げるなど、体術としての動きが非常に固く完成されていたのです。

これは数字に厳しい海外の評価、世界の評判としても申し分ないレベル。

比較として浅田真央の場合は、ジャンプのたびにまずスピードが遅くなってしまい、次への動作がやや遅れる事が多かったそうです。
[スポンサーリンク]


また、トリプルアクセルは良くても、ルッツジャンプなどが上手く行かなかったりして、要するにそういった体術の面でキムヨナにやや劣るのは否定できなかったわけですね。

とにかく、彼女は海外の評価、世界の評判の通りですが、全体的にミスも少なく、

上記のようにジャンプが最もわかりやすいですが、細かいステップやスピンなども同じように、体術として確実にこなせていたのです。

常に採点された際の事を想定し、最高点になるような動きを意識できておりましたね。

この点がお二人の差でもあり、それは海外、世界の評価、評判としても出ております。

よって、もしかしたら浅田真央も、その演技のスタイルを変えれば点数の面ではもっと伸びたかもしれないとも思ってしまう所ですが。

しかしながらその見解も簡単には言えず、キムヨナは伊達に点数を取る事を意識できていたわけではございません。

相応の才能を持っており、浅田真央ですと身体に合わなかったかもしれません。それに、もしキムヨナのような方向性に転換したとしましても、その分人気は落ちたかもしれません。

簡単には行かない難しい所です。

ここは海外の評価、世界の評判からしても、どちらを取るのか決断の難しい所なのかもしれませんね。

例えば、ジャンプの点数がいいからと言って、ひたすらジャンプを飛ぶ事に集中しているだけの方が優勝などしても、それはそれで問題のような気がします。

よって、その点が見直されてもきているようですよ。

そう言いますと、キムヨナは何だか点数があまりにいいので、海外の評価、世界の評判からしても、八百長をしているのではないのかと疑われる事もありましたね。

キムヨナ海外評価と世界評判.jpg

真実はわかりませんが、逆にそのような事が全くないのに純粋に点数が高かった場合、それは余計に才能がはっきりしますよね。

とにかくキムヨナは、それ以外の点を評価、評判としてどのように言われようとも、点数、記録を叩き出す上で天才的な才能のある方だった、という事は間違いないですね。

もしかしたら、その記録をどんどん作れる性質などの弊害として、海外の評価、世界の評判としても八百長などと言われるなど、

また、他の選手からやや距離を置かれていたなどの噂等、そうした立場になっていると考えればいいのかもしれません。

何にしても、彼女も確かな努力、苦労はしております。

日本人の評価、評判としてもそこまで一概に悪く言うのは良くないでしょう。

彼女の存在自体が浅田真央はもちろん、フィギュアスケート界で大きな影響を与えた事は事実で、それは確かに世界の歴史に残っております。

確かに良く動けていたのは我々も目撃しておりますし、その海外も認めます世界に通用する実力は称えていいものだと思います。

さて、本日はキムヨナ海外の評価!世界の評判について書かせていただきました。

本日も最後までありがとうございました。

最後に人気ブログランキングを覗いてみてください。

[スポンサーリンク]



共通テーマ:芸能
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。